スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞太鼓 あすか組を観る。

 先日、私の長年の友人である飛鳥大五郎さんが主宰する「舞太鼓」の公演が大阪の厚生年金ホールであった。ご招待を受けたので久しぶりだったこともありいそいそと出かけた。   大阪は行くたびに様変わりして驚く。
 
asuka.jpg

 
asuka7-1.jpg

 
asuka9.jpg

 
asuka12.jpg

 
asuka13.jpg

 大五郎さんは、飛鳥流宗家の元で内弟子として修行して
太鼓の部門を創設したので、必ず舞踊は太鼓とコラボして、見事な舞台を演じます。毎回趣向を凝らした演出が好評の
ようだ。
 このページは大五郎さんと妻であるまゆさんです。
大五郎さんが主に振り付け、まゆさんはシンセサイザーを
コラボしながら作曲をも担当している、お二人の意気の
あった舞台が好評を得ているようだ。
  
 
asuka18.jpg

  
asuka16.jpg

 
asuka19.jpg

 
asuka22.jpg

 2時間に余る公演で,迫力と華麗なリズムで時の立つのを忘れそうな見事で満足な舞台だった、。
 
asuka4.jpg

 楽屋見舞いに行くと早速プログラムにサインをしてくれて
まゆさんやお弟子さん達と写真を撮り、夜の公演までの時間をお喋りで過ごした。 2年後は創設20周年になるそうだ
。それまでは多くは海外公演に出るので又淋しくなりそうだが大成功を!と願っている。

  



スポンサーサイト

デカンショ~♪

 デカンショ祭りが始まる前に、所用で篠山に行った。
篠山城址の所~市役所前~市街とメイン通りがデカンショ祭りを待ちかねてるようにデコレーションされていて、通っていても踊りたくなるように街が踊っているように見えた。
 
p1030441.jpg

 
dekan5.jpg

 
dekan3.jpg

 
dekan2.jpg

 町の家やお店の軒下には子供達が作ったちょうちんが思い思いに吊り下げられて居た。
 
p1030438.jpg

 
dekan12.jpg

 
dekan6.jpg

 思わず デカンショ~~♪ デカンショウで半年暮らす
 ヨイヨイ~♪  プフフッ~  
きっとお祭り当日は浴衣姿で踊る人で賑わうんだろなぁと
想像した。 山鹿の猿が~♪と唄われるだけあってお猿さんの絵葉書があって思わず買って帰った。
  お腹がすいてきたので知人がシェフしているお店によってお昼を食べる。 黒豆のソフトクリームがとっても美味しかった。
 
img20080827.jpg

 
dekan10.jpg

 お祭り気分を味わって、日が暮れかけた篠山を後にした。 
p1030476.jpg

 田舎道を走りながら、一足速く秋の気配を感じた。

 



偲ぶ食事会

 初盆を迎えた私のお友達の亡きご主人を偲んで、お参りをしてからランチを頂くことになった。
 このお店は私がいつも行く大丸ピーコックの横に出来ていて、いつも気に掛かっていたお店だった。
 「和しぃ~ず」
 (Wa・C's Garden) という変わった店名でひっそりとしたたたずまいで、とても興味があったのです。
wa180.jpg



  フレンチと和食を融合させ旬の食材を生かしたお料理だ。
漢方の「陰陽」の考え方にもとずいてバランスの取れた食事を提供したい。というポリシーがあった。
wa380.jpg







 明日葉のお豆腐にりんごジュースが出てきた。 美味~!
 
wa480.jpg


 特選海鮮マリネ、素材がとっても新鮮、蓮の茎、海ぶどう、紫蘇の花など、添えられた野菜にもこだわりが感じられた。
wa580.jpg


 甜菜のスープ、出された時はさすがにギョッとするほど
鮮やかなローズ色、恥ずかしいのですが知りませんでした。 わ~って言ってるのが聞こえたのかシェフが「これです」
と見せに来てくれた。やっぱり珍しかった。
wa680.jpg

wa780.jpg

 メインのまずお魚料理、鯛の味噌クリーム煮、
wa880.jpg

 もう一つのメイン、お肉料理、やわらかいヘレも美味しかったが、野菜がもっと美味しかった。15穀米のご飯とお味噌汁お漬物も、満足の美味しさだった。
wa980.jpg

 デザートは、ヨーグルトのムースと蜂蜜ヨーグルト。
wa1080.jpg

wa280.jpg

  ★心や体にとって大切な食材★
 「いますぐ やさしく きたえよう」
 い…いも  ま…まめ  す…酢 ぐ…具沢山の味噌汁
 や…やさい さ…さかな し…しょうが く…くだもの
 き…きのこ た…たね え…ごま よう…ヨーグルト
この考え方にのっとって提供されるお食事だそうだ
 とにかく、観てよし、味よし、素晴しいお店だった。
5月に亡くなられたばかりの初盆で、少しは淋しかったがお孫ちゃんが少し喋れるようになって、座を楽しくさせてくれたのが救いだった。


 


中国遼寧歌舞団を観て~♪

 先日、観劇したが後神戸に来たのでもう一度みたくて
行った。あまりきれいなので残したかった。
 。
kabua.jpg

プログラムの表紙、とってもカラフルだ。
 
kabuc.jpg

 第1部 花のいろどり  第1場 
★ジャスミン★ ★水面の蓮★ ★たおやかなる調べ★
 
kabud.jpg

★春の歓び★ ★漁舟唱晩★ 
 第2部 花のかがやき  ★太陽がのぼり、心は弾む★
 
kabue.jpg

★花籠編み★ ★茶摘身歌★ ★花と少年、草競馬★
 
kabuf.jpg

★刺繍に想いをこめて★
 第2部  花のこころ 第3場
★十面埋伏★
 
kabug.jpg

★夜深沈★ ★春江花月夜★ ★胡蝶の心~梁祝★
 
kabuh.jpg

 第4場 花の讃歌
★子守唄★ ★華彩飛揚★ ★梅★
 
kabui.jpg

 プログラムの表紙の裏側
 
kabuj.jpg

 まさに絢爛豪華でありながらきちんとしたテーマが感じられた。平和を願望する女性をたたえていることだ。
誘ってくれた友人に感謝した。
素晴しいものを観ている時は、時間が過ぎるのが早いことを実感し、満足の舞台でした。

 
 

チャピーのカット!

 チャピーは最近、目立って体力の衰えが見える。
歩くのもおぼつかなくなり、シャンプーも私一人では出来ないようになって来ました。 以前とても元気だったのに年を聞いて「承諾書を…」といわれたことから、こんなにジッと立っていられなくなったらカットもダメといわれるだろうなと、恐る恐る最近行きだしたカットハウスに連れて行ったら「あらぁ~チャピーちゃん、よく来ましたね」といってもらいホッと安心して嬉しかった。
 
2008.7.26.1.jpg

 
200.8.7.26.3.jpg

 
img20080807.jpg

 ドキドキしながら迎えに行ったが、「よく頑張りましたよ」といってもらいました。  ただし、鋏でのカットはもう無理でバリカンでカットしてもらったそうです。全部短く刈り上げていてチョット痛々しい感じでした。
 
ta3.jpg

 いつものようにお知らせをもらって読んでみて、おぼつかない足元だがよく頑張ったんだなと、ほめてあげました。
帰ってきて暫らくこうして座っていましたがやっぱりすぐ横になっていました。
何時までカットを引き受けてもらえるだろうか?と思うと少しでも長生きしてほしいと思いました。

コンサートへ~~♪

 過日、興味の有る沖縄民謡を聞きに行った。
 
 「さんさらwith姜小青(ジャンシャオチン)コンサート」

 ★沖縄の美(ちゅ)ら歌と中国古筝の調べ★
 
img20080807.jpg

  古謝美佐子を中心に、宮里奈美子、比屋根幸乃の沖縄を代表する沖縄民謡女性歌手3名からなるグループ。
「さんさら」とは3人が「更なる飛躍を目指しまっさらになって活躍出来るように」との思いだそうです。
 
img20080807_1.jpg

今回は特に北京出身の古筝の伝統演奏を修得していて、ヒューストン名誉市民の栄誉を受けるほど世界的に演奏活動をしている姜小青さんが参加されとっても素晴しいコンサートだった。
  曲目

 ♪ 月ぬ美しゃ~太湖船~島々清しゃ
 ♪ 何日君再来
 ♪ 安里屋ユンタ
 ♪ 黒い雨
 ♪ 陽関三畳
 ♪ ウイリアムテル序曲
 ♪ アメイジング・グレイス
 ♪ ナークニー~カイサレ
 ♪ 童神
 ♪ 花
 
 古謝美佐子さんのご主人でもある佐原一哉さんのキーボード・ギターもすてきに三線と歌声と古筝のコラボの魅力がいつの間にか引き込まれてすごいステージでした。
 
okinawa4.jpg

 ライブ会場特別ヴァージョンのニューアルバムも出ていて素晴しかった。
 
img20080807_2.jpg

 ディナー2008としてまた癒しの歌を披露するそうだ。
この前TVを見ていたら、なんと!古謝さんが
  「オーサカキング  ロザンの夏2008」の番組で
ロザンの2人に三線と太鼓を教えていました。
懐かしく思い出しながらずっと見てしまいました。
 無性に沖縄に行きたくなりました。



 
  

   

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。