スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(^。、^)ジュルジュルのパンが~♪

食パン食パン食パン 
 わ~~い!又大好きな美味しいパンが送られてきました!
いくら感謝してもしつくせない思いです。
 今回もまた新しいパンが入っていました。
食パンピーナツブレッチャーピーナツクリームをはさんで
スライスアーモンド&メイプルシュガー&ピーカンナッツ
をのせて焼いていますいい香りで美味しいパンです。
食パン餡と鶯豆と胡桃が入った和風フランスパン。
 食パンジンジャー風味のコロコロおさつパン、柔らかくてホクホクのさつ ま芋が食欲をそそる一品です。
 食パン甘さ控えたいっぱいの餡の入ったパン。 
等など~。 

pan-60.jpg

こんなにたくさん~~です、嬉しい!!
毎朝がとっても楽しみで、ドレニシヨウカナ? ( o ̄▽ ̄)σ |||| ポチッ♪を楽しむんです。 パンの向こうの真心がしっかり心に伝わり有り難い思いでいっぱいです。 
botan3.jpg

 
botan2.jpg

  
boann.jpg
 

 この日外出したらこんなに綺麗にボタンが咲いていました。
 私の嬉しい気持ちを表すかのように~~♪



スポンサーサイト

五月山公園へ

 先日、来客を時間がなかったので近場にと思い池田市にある五月山公園に
ご案内しました。
 こんな時季ではもう何もない物と思っていましたが、意外にもたくさんの人も来ていて、少し残ったお花もありラッキーでした。
 
satuki1.jpg

 
satuki2.jpg

 八重桜が綺麗に咲いていた。 急なことだったので近くの小さなコンビニ
に寄ってそれぞれがお弁当を買った。
 
satuki3.jpg

 シートを広げていたら隣に12~3人のご年配の団体さんが席を取りお酒やお弁当を広げた。陰になるような大きな木が私のところとそのお隣さんのところしかなかったので…。暫らくすると何とカセットレコーダーが鳴り出した、まさに
BGMだった。聞いていると「氷川きよし」の懐メロのカバー曲でした。
私たちは、贅沢な花見ですね、と笑いながらも結構懐かしい曲なので楽しみましたウフフッ~。
 もう見るところもないので、ここにしかない無料の動物園を廻った。
全国でも無料というのはどこにもないそうです。
 
satuki4.jpg

 
satuki5.jpg

どの檻の動物も心なしか淋しそうで…。 
 このお猿さんは声をかけると返事をするんですよ(笑)
 
satuki6.jpg

 アライグマは飼育係りのお姉さんにもらったりんごを懸命にアラって食べていた。
 
satuki7.jpg

 
satuki8.jpg

 桜は見せてあげられなかったが八重は綺麗だったので喜んでもらえて
良かった。 桜の花吹雪に見送られて花びらの絨毯を踏んで帰った。
 

モンゴル国立民族歌舞団を観る

 友人のお誘いを受け「モンゴル国立歌舞団」を観に、三田市の
「郷の音(さとのね)大ホール」に行きました。
 
mon3-30.jpg

 その演奏は、まさにあの広大な草原に響きわたるであろうと想像させる、素晴しい演奏でした。 選りすぐりの奏者のメロディはモンゴルがグッと身近に感じられました。
 
mon4-30.jpg

 華美な衣装のダンスも見事で、モンゴル文化を満喫させてくれました。
ゲストのオユンナさんはホールいっぱい響き渡る美声で聴衆を魅了していました。
 彼女は1990年「天の子守唄」でデビューし当時最年少でNHK「紅白歌合戦」に出場。  広島原爆の被害にあった少女が折り鶴に託した平和へのメッセージを歌にした「ヒロシマ折鶴」で大反響を起こしその後も民間の芸術大使として活躍されています。 平和への強いメッセージが心に刺さるような歌声は、国境を越え世界共通の平和への願いを感じさせるものでした。
 もっとびっくりしたのは彼女は妊娠9ケ月とのことでした。
そういえば大きなお腹でした。平和を訴えて歌い続ける母の声をお腹の中で聞くこのお子もきっと平和を訴える子になることでしょう。
素晴しい余韻に包まれながら帰路に着きました。無事に可愛い赤ちゃんが生まれますように…と願うのみです。

万博公園にて

 海外交流の友人が来日したので桜を見せてあげたくて、万博公園に案内した。 もうダメかもしれないと思いながら行ったのですが、思ったより綺麗に残っていて、喜んでもらえた。
 
ban1.jpg

 パンフレットを見たらチュウリップ展も開催されたとのことでラッキーでした。
 
ban2.jpg

 
ban3.jpg

 
ban4.jpg

 万博のシンボルだった太陽の塔を見て「知ってるよ!」と写真を撮られていました。 桜にも負けじと言いたげにチュウリップが色とりどりに咲き誇っていました。
 
ban5.jpg

 
ban6.jpg

 
ban7.jpg

 チュウリップの絨毯も大満足で最後になるだろう桜を見ながら話も弾み
日本は綺麗なお花があって羨ましいと言われていました。
  
ban8.jpg

 
ban9.jpg

 今にも散ってしまいそうな桜が目を楽しませてくれ、友にも喜びを与えてくれました。
 
ban10.jpg

 帰りには太陽の塔が別れを惜しむように見送ってくれたような気がしました。彼女達もきっといい思い出を刻んでくれたものと思います。
 カメラ操作が上手く出来なくて綺麗に撮れなかったのが、桜やチュウリップに悪いようで…。何時まで経っても苦手なのは困ったものです。
 

 
 

宝塚でお花見~♪「2」

 いつもは館内は歩かないのでとっても新鮮でした。ラブ
 hana11.jpg

 テラスにはもう公演が始まってるので人もまばらでしたし、たくさんの鳩も慣れたもので諦め顔で歩いているようでした。このテラスの向こうは「武庫川」が
流れていて花火大会には大掛かりな仕掛け花火で賑わいます。
そして川向こうには震災前は料理旅館がずらりと並び夜になると粋な芸者さんが行き交う温泉場となっていましたが今はマンションが並んでいます。
  hana12.jpg

館内は若い女性向きのモダンなキラキラグッズやスウィーツがぎっしり並び
別世界のようです。
 館内を出たらいいお天気も手伝って可愛いワンちゃんがお散歩していました。慌ててシャッターを!
hana13_1.jpg

hana14.jpg

hana15.jpg

hana16.jpg

 
 所用を済ましたらもう夕方になっていました。チョット足を伸ばして遠回りして、武庫川べりを通ると満開の桜が迎えてくれました。ラッキー!
 車の中からパチリ~!
  
hana17.jpg

 
hana18.jpg

 
hana19.jpg
 
hana20.jpg
 交通量も多い道路なのに、それぞれがとまってパチリムービーと、周りの車もなんとなく協力してるのが不思議なようで、桜の季節のハプニングでしょうか。私も2~3枚頑張りました。拍手
 





宝塚でお花見~♪「1]

 体調を崩してしまい、お花見に出かける予定が大きく変わってしまいました。 所用のついでに近くでも普段歩かない(宝塚花の道)を駆け足で歩いてみた。 何時になってもゆっくりお花見の出来ない私です。悲しい
  震災前まではこの道の両側には風情ある個々のお店が盛況でした。
 阪急宝塚駅を降りると花の道の入り口です。
 
hana1.jpg

 
hana2.jpg

 宝塚歌劇の父、阪急電車の生みの親である「小林一三」の胸像が、観光に来られた方たちを暖かく迎えています。
 
hana3.jpg

 
hana4.jpg

 
hana5.jpg

 
hana6.jpg

 「鉄腕アトム」でお子さんに人気の(手塚治虫記念館)もあります。
 
hana7_1.jpg

 
hana8.jpg

 
hana9.jpg

 
hana10_1.jpg

 桜は満開で人もたくさんでした、でも震災前はホワイトタイガーで有名になった動物園や、お子さんの賑やかな声が響いていたファミリーランドはもうありません。花の道もスッカリ様変わりしてしまい、らしさ がなくなりとても淋しい思いですが、宝塚歌劇だけは変わらず熱狂的なファンの列はそのままなのが救いです。 でも桜の花だけは変わらず目を楽しませてくれていました。
 いつもは裏からしか入らないが思い切って正面入り口から中に入ることにしました。変にドキドキ感が~~!若い人に混じって一瞬青春を感じました。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。